記事一覧
求人一覧

「薬剤師の年収・給料と薬剤師の求人」の記事



薬剤師の年収・給与のリサーチ



薬剤師の年収について、高給・安定というイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になる年収をリサーチしました。

薬剤師の平均月収は 約37万円年収は 約500万前後と統計がとれています。時給に換算すると約2,000円となっており、そこに賞与や残業等がついて年収500万という数字になっているようです。調べてみて意外だと思ったのは、男性の割合より女性の割合のほうが多いということ。男性の割合が約36%、女性の割合が半数以上の約64%となっています。

年収500万というのは決して低い金額ではありません。

女性がバリバリ働いている時代とはいえこの高給な職種の割合が男性よりも女性が多いというのには少々驚きました。加えて、過去10年の年収を見てみても、薬剤師の平均は約500万からほぼ上がり下がりがありません。安定しているというイメージは数字にしてきちんと表れていました。

不景気で賞与が減る・給与が減るという話はよく聞く話ですが、医療の分野ではやはり必要不可欠なものとして安定しているようです。ここにも人気職種の理由があるのかもしれません。

薬剤師の時給は高いのか


薬剤師の資格を持っている人は、将来的に薬剤師として働くことを念頭においてチャレンジされているので、その資格を取得できれば一生安定した生活が得られることは間違いないでしょう。

薬がこの世の中からなくなることはありませんし、薬剤師という職業もなくなることはないでしょう。

しかし、薬剤師になるには今や6年間も勉強しなくてはならず、軽い気持ちで目指す資格ではないということは言うまでもありません。
薬剤師としての資格を得られれば正社員としてもパートタイマーとしても働くことができます。
パートタイマーとして働く場合、時給は他の職種と比べてもかなり高めです。地域にもよりますが、最低でも1500円以上は保障されている場合が多いように思えます。

薬剤師に必要な、資格


薬剤師に必要な資格を皆さんは知っていますか。薬剤師には、薬剤師資格といのを持っていないとなれません。

では、その薬剤師資格を取るにはどのようにすればいいのでしょうか。まずは、薬学部のある大学を卒業する必要があります。

しかし、卒業しただけで資格を取ることはできません。大学を卒業後に、厚生労働省が実施している薬剤師国家試験というものを受けて、合格しなくてはいけません。なので、資格を取るのはとても大変です。

しかし、その分人数は少ないため、全体的に給料が高い傾向があります。でも、そんなに資格を取ることを大変にして、どうするのでしょうか。

薬剤師法第一条によると、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄付し、もって国民の健康な生活を確保する高度専門職業職であると定義されています。

薬剤師の方の転職を成功させる為の豆知識


薬剤師の方が転職をする際には数多くの重要なポイントがあります。この専門性の強い資格を取得している方が新たな雇用先を探す際には、アピールできる強みを事前に明確に把握しておかなければなりません。

そして、並行して弱みも把握し、薬剤師としての価値を把握しておく事が重要になります。又、これまでの職歴で具体的に何ができるのかというキャリアの把握と整理を行い、スキルや経歴を相手にうまくアピールすることが出来るように準備します。

どのような職業でも実際の仕事を通して経験を積みスキルが蓄積されます。それ故に、これらの要素を総合的に分析し市場価値を的確に把握する事が重要になるのです。

この総合的な判断が上手くできていないと、求職者の市場価値の判断を誤ってしまう為、希望通りの雇用先を見つける事が困難になります。

【注目サイト】
薬剤師の転職価値を図るものはあなたが積み重ねた努力とスキルです。あなたの大事なキャリアを正当な評価が得られる転職に結びつめます。全国の薬剤師求人情報を提供しています。→薬剤師 転職


-薬剤師の年収・給料と薬剤師の求人-

2013-02-07 02:36